サンドラッグでの安い支払い方法

東京都に本社を置く、業界第4位のドラッグストアチェーンであるサンドラッグ。

うちの近くにも一店舗ありますが、そこそこ安い品物が揃っいてセール品も良く見かけるので客入りも上々。同じく近くにあるセイムスよりだいぶ繁盛しています。

ただ人件費を抑えるためか店員の数が少なく、常にレジが混雑しているような状況。お客さんの支払い方法も現金が主体で、次いでクレカ。バーコード決済に関しては見たことがないので、普及するとなると決済速度が遅いため更に混雑するのでは?と恐れています。

個人的にはあまり見かけないQR・バーコード決済ですが、サンドラッグにおいても還元率の高い支払い方法となりますので、節約第一が信条のの方は是非利用するのが良いでしょう。

決済方法の一例 店舗より違いがあります

クレジットカードVISA MasterCard JCB AMERICAN EXPRESS DinersClub
デビットカード使用可
電子マネーnanaco 楽天Edy id QUICPay
交通系ICカード全国相互利用が可能なSuicaをはじめとする9つのICカード
ブランドプリペイドカードLINEPayカード ソフトバンクカード
QR・バーコード決済などPayPay LINE PAY  メルペイ クオカードペイ auPay WeChatPay NaverPay Ali Pay

電子マネー・QRバーコード決済などの還元率の高い支払い方法ランキング

各種QR・バーコード決済や電子マネー、クレカを使ってお店で買い物をした場合の還元率をランキング形式で表にしました。

表中の各種支払い方法については、国内店舗で使える代表的なサービスをピックアップして比較対象にしていますのでサンドラッグで全てが対応しているわけではありません。使える支払い方法は店舗ごとに大きく異なりますので、上の「支払方法の一覧」を参考にして頂き、使えるサービスをご確認下さい。

2020年2月3日時点 主要キャッシュレス決済の還元率

順位支払い方法還元率備考
1d払い0.5%~11.5%d払いによる決済で200円(税込み)につき1dポイント付与されるので還元率は0.5%。代金引き落としに登録したクレカで1%還元
ポイント還元事業で5%還元のお店では、生活応援キャンペーンエントリーで更に5%還元。通常時のポイントも付きます。
さらに2/16まではコンビニで10%還元キャンペーン
2楽天ペイ5%3/2までは、エントリー必須で楽天ペイが使えるお店はどこでも5%還元。消費者還元事業のポイント込みです。クレカ紐付けでプラスアルファ。
3PayPay(ヤフーカード利用)2.5%ヤフーカードをpaypayに登録して後払い、もしくはヤフーカードで残高をチャージして残高払いでpaypayボーナスが1%、Tポイントが1%で合計2.5%還元。
4nanaco1.5~2.2%セブンイレブンでのnanaco払いで100円につき1nanacoが還元され還元率1%(2019年10月15日(火)~2020年2月29日(土)までのボーナスキャンペーン)
リクルートカードでnanacoにチャージすると金額の1.2%がリクルートポイントで還元され還元率は1.2%。
セブンカード・プラスでのnanacoチャージは200円ごとに1nanaco付与で還元率は0.5%
5PayPay1.5%ヤフーカードを利用しない、銀行口座からのチャージによる残高払い。paypayボーナスが1%付与。
6au Pay1~1.5%支払いごとに200円(税込み)につき1ポイント加算(au WALLET ポイント・au スマートパスプレミアム会員以外)。これにより還元率は0.5%
au WALLETにクレカでチャージすることにより、クレカのポイントが0.5~1%付与。
合計で1%~1.5%還元。
7クレジットカード0.5~1%クレジットカード(例:セゾンカード0.5%還元、楽天カード1%還元、リクルートカード1.2%還元)
8楽天Edy0.5%~1.7%楽天edyでの決済で0.5%還元。
現金チャージは還元なし。楽天カードで還元率0.5%
リクルートカードでのチャージで1.2%還元。(MastercardとVisaのみ。JCBは対象外)
9WAON0.5~1%WAONカードやWAON機能付きクレカでの支払いは200円(税込)ごとに1ポイント付与。これで0.5%還元
イオンカードセレクト(またはイオン銀行キャッシュ+デビット)にオートチャージで200円につき1ポイント。これで0.5%還元。
合計で還元率は1%。
イオングループでは支払い時のポイントが2倍になる店舗があるので公式サイトでチェックしてみて下さい。
10iD0~1%QUICPayによる決済でポイント還元はなし。代金引き落としに登録したクレカで1%還元
11QUICPay0~1%QUICPayによる決済でポイント還元はなし。代金引き落としに登録したクレカで1%還元
12Line Pay0.5~2%決済でポイントが付与されます。月間の総理洋楽に応じて翌月のポイント付与率が変化するマイカラーのランクで還元率に違いあり。
13Suica0~1.5%Suicaによる決済は加盟店以外は還元がなし。加盟店では0.5~1%と店により違いがあり。
Suicaにビューカードでチャージすることで1000円ごとに3JRE POINT付与。還元率は3%。
リクルートカードの場合はチャージで1.2%還元。
14ICOCA・PiTaPa・manaca・SUGOCA・nimoca0~1%基本的に決済によるポイント付与はなし。加盟店では200円につき1ポイント付与。クレカでチャージしたICOCAで支払うとクレカの分はポイント付与。
PiTaPaは加盟店で100円につき1ポイントなので還元率は1%。紐付けした分のクレカ分もポイント付与。
15KITACA・PASMO・TOICA・はやかけん0~1%買い物によるポイント付与はなし。加盟店もなさそう。チャージしたクレカの分は、それぞれクレカ会社からポイント付与対象。
16メルペイ0%通常時は、メルペイ決済での還元なし
17Origami Pay0%地味に数%の還元率で頑張っていましたが、ついに0に。
18ゆうちょPAY0%ゆうちょペイでの支払いは決済時にポイントが付きません。また料金代金は引き落としなのでクレジットカードチャージなどによるポイント還元もありません。
19現金0%
  • 表の各行によってはタップ、クリックすると詳細な情報が展開されます。
  • クレカはの還元率は条件によって1%を越えるカードがありますが、ここでの比較は0.5%~1%の還元率のクレカを対象にしています。

PayPay、メルペイでの支払いが還元率的には良いです。

1月いっぱいまで、メルペイのスマート払いでの還元率が良くなっています。ポイントは翌日に付与されるなどレスポンスが良く、溜まったポイントはメルペイスマート払いの支払いに充当できたりしますので消化しやすいかと思います。

Lineからクーポンが頻繁

Lineではサンドラッグ向けのクーポン券をたびたび発行しています。お得な内容も多いのでLineを使っていない方でもアプリを入れておくと、思いかけず嬉しいクーポンが届くかもしれません。

キャッシュレス決済関連

【2020年2月】 QR・バーコードなどスマホ決済の還元率比較 楽天edy・id・QUICPay・nanacoなど電子マネーの比較 メリットやデメリット 交通系ICカードのメリットやデメリット