ライフでの安く買い物ができる支払い方法

首都圏と近畿圏でのみ営業展開するスーパーマーケット。2019年度の業界売上順位は5位なので、大きな小売グループとなります。

筆者の近所にも1店舗ありますが、品揃えが良くきれいな店舗のためか近くの競合しているマルエツより客入りが遥かに良い様子。商品があまり安くならないので利用は少ないですが、夕方以降に実施される食料品の割引セールは魅力的ではあります。また特価品は結構安くなるので、買い物先を選べる方は狙っていくのも良いでしょう。

特価品の確認は、公式サイトで 店舗ごとに確認できます。

ライフでは独自の電子マネーを設けるなど、顧客サービスに力を入れていますがどれほど安くなるのでしょうか。

支払い方法もそこそこ選べるので、どれを選べばよいのか見ていきたいともいます。

決済方法の一例 店舗より違いがあります

クレジットカードVISA MasterCard JCB AMERICAN EXPRESS DinersClub
デビットカード使用可
電子マネーLaCuCa
交通系ICカード
ブランドプリペイドカードLINEPayカード ソフトバンクカード au WALLET プリペイドカード dカードプリペイドなど
QR・バーコード決済などPayPay LinePay メルペイ

各種電子マネー・QRバーコード決済などの還元率の高い支払い方法ランキング

各種QR・バーコード決済や電子マネー、クレカを使ってお店で買い物をした場合の還元率をランキング形式で表にしました。

表中の各種支払い方法については、国内店舗で使える代表的なサービスをピックアップして比較対象にしています。

ライフにおいてこれらの支払い方法が全てが対応しているわけではありません。上のライフで可能な支払い方法を照らし合わせてご利用下さい。

また使える支払い方法は店舗ごとに異なる場合がありますので、公式サイトや店頭に掲げられている支払い方法一覧などを確認して下さい。

2020年2月3日時点 主要キャッシュレス決済の還元率

順位支払い方法還元率備考
1d払い0.5%~11.5%d払いによる決済で200円(税込み)につき1dポイント付与されるので還元率は0.5%。代金引き落としに登録したクレカで1%還元
ポイント還元事業で5%還元のお店では、生活応援キャンペーンエントリーで更に5%還元。通常時のポイントも付きます。
さらに2/16まではコンビニで10%還元キャンペーン
2楽天ペイ5%3/2までは、エントリー必須で楽天ペイが使えるお店はどこでも5%還元。消費者還元事業のポイント込みです。クレカ紐付けでプラスアルファ。
3PayPay(ヤフーカード利用)2.5%ヤフーカードをpaypayに登録して後払い、もしくはヤフーカードで残高をチャージして残高払いでpaypayボーナスが1%、Tポイントが1%で合計2.5%還元。
4nanaco1.5~2.2%セブンイレブンでのnanaco払いで100円につき1nanacoが還元され還元率1%(2019年10月15日(火)~2020年2月29日(土)までのボーナスキャンペーン)
リクルートカードでnanacoにチャージすると金額の1.2%がリクルートポイントで還元され還元率は1.2%。
セブンカード・プラスでのnanacoチャージは200円ごとに1nanaco付与で還元率は0.5%
5PayPay1.5%ヤフーカードを利用しない、銀行口座からのチャージによる残高払い。paypayボーナスが1%付与。
6au Pay1~1.5%支払いごとに200円(税込み)につき1ポイント加算(au WALLET ポイント・au スマートパスプレミアム会員以外)。これにより還元率は0.5%
au WALLETにクレカでチャージすることにより、クレカのポイントが0.5~1%付与。
合計で1%~1.5%還元。
7クレジットカード0.5~1%クレジットカード(例:セゾンカード0.5%還元、楽天カード1%還元、リクルートカード1.2%還元)
8楽天Edy0.5%~1.7%楽天edyでの決済で0.5%還元。
現金チャージは還元なし。楽天カードで還元率0.5%
リクルートカードでのチャージで1.2%還元。(MastercardとVisaのみ。JCBは対象外)
9WAON0.5~1%WAONカードやWAON機能付きクレカでの支払いは200円(税込)ごとに1ポイント付与。これで0.5%還元
イオンカードセレクト(またはイオン銀行キャッシュ+デビット)にオートチャージで200円につき1ポイント。これで0.5%還元。
合計で還元率は1%。
イオングループでは支払い時のポイントが2倍になる店舗があるので公式サイトでチェックしてみて下さい。
10iD0~1%QUICPayによる決済でポイント還元はなし。代金引き落としに登録したクレカで1%還元
11QUICPay0~1%QUICPayによる決済でポイント還元はなし。代金引き落としに登録したクレカで1%還元
12Line Pay0.5~2%決済でポイントが付与されます。月間の総理洋楽に応じて翌月のポイント付与率が変化するマイカラーのランクで還元率に違いあり。
13Suica0~1.5%Suicaによる決済は加盟店以外は還元がなし。加盟店では0.5~1%と店により違いがあり。
Suicaにビューカードでチャージすることで1000円ごとに3JRE POINT付与。還元率は3%。
リクルートカードの場合はチャージで1.2%還元。
14ICOCA・PiTaPa・manaca・SUGOCA・nimoca0~1%基本的に決済によるポイント付与はなし。加盟店では200円につき1ポイント付与。クレカでチャージしたICOCAで支払うとクレカの分はポイント付与。
PiTaPaは加盟店で100円につき1ポイントなので還元率は1%。紐付けした分のクレカ分もポイント付与。
15KITACA・PASMO・TOICA・はやかけん0~1%買い物によるポイント付与はなし。加盟店もなさそう。チャージしたクレカの分は、それぞれクレカ会社からポイント付与対象。
16メルペイ0%通常時は、メルペイ決済での還元なし
17Origami Pay0%地味に数%の還元率で頑張っていましたが、ついに0に。
18ゆうちょPAY0%ゆうちょペイでの支払いは決済時にポイントが付きません。また料金代金は引き落としなのでクレジットカードチャージなどによるポイント還元もありません。
19現金0%
  • 表の各行によってはタップ、クリックすると詳細な情報が展開されます。
  • クレカはの還元率は条件によって1%を越えるカードがありますが、ここでの比較は0.5%~1%の還元率のクレカを対象にしています。

ライブで使えるポイントカードについて

ライフでは複数のポイントカードに対応しているので、どれがお得なのか見てみます。

LaCuCa

ライフでは電子マネー機能を搭載したポイントカードのLaCuCaが使えます。ライフ独自の電子マネーですのでライフ以外での使用は不可。

結論から申し上げると還元率は良くないです。

  • 年会費は無料ですが、カード発行手数料が100円(税込)必要です。
  • ポイントカードと電子マネー機能を兼ねています。
  • ライフ全店とセントラルスクエア全店、ビオラル靭店で使用可能
  • 現金でチャージして電子マネーを使います。
  • チャージできる金額は1000円から45000円まで1000円単位で行います。
  • 金券など一部使用できない用品があります。
  • Lcucaを提示して現金やクレカ、スマホ決済で支払うと200円(税抜)につき1ポイント付与。
  • チャージしたLucucaで支払うと、提示で200円(税抜)につき1ポイント、決済で300円(税抜)につき1ポイントが付与されるので合計還元率は約0.8%になります。
  • 貯まったポイントは1ポイント=1円で買い物に利用できるので、使いみちに困ることはありません。
  • ポイントの有効期限は、取得した月の1年後の月末まで。

Pontaカードとdポイントカード

ライフでは共通ポイントカードの「Ponta」カードとdポイントカードを使用することが出来ます。

いずれも会計時に提示することで、200円(税抜)につき1ポイントが付与されます。還元率は0.5%。他社クレカや現金、スマホ決済と併用して使います。

注意点はLucucaを含め提示できるポイントカードは、どれか一つだけ。

Lucucaを使うより、この2つのポイントカードとクレカやスマホ決済、LC JCBカードで支払う方が還元率的には高いです。

お得な支払い方法はどれ?

LC JCBカードについて

ライフは日本のクレジットカード会社である「JCB」と提携して、「LC JCBカード」を発行しています。

いわゆるライブでの買い物でメリットがあるクレカ となりますが、どの程度なのか見てみます。

  • 年会費がずっと無料。
  • 家族カード、ETCカードともに無料。
  • ライフ以外での利用は200円(税込)につき1ポイントで還元率は0.5%。
  • ライフでの買い物は、提示で200円(税抜)につき1ポイント。引き落としの際に200円(税込み)につき1ポイントが付与され、合計還元率は1%。これが通常ポイントとなります。
  • 食料品以外の生活雑貨や衣類などは特別にポイントアップ(衣料品・くらしの品ポイント)。 200円(税抜)につき1ポイントが加算されるので、通常ポイントと合算して200円につき3ポイント。還元率は1.5%。
  • 毎月7日、17日、27日の「7がつく日」は、ポイント倍付けデー。通常ポイントに加えて、200円(税抜)につき5ポイントが付与。200円につき7ポイントが付与されることになり、還元率は3.5%。
  • ライフネットスーパでは、通常ポイントに加えて200円(税込)につき1ポイント付与。合計還元率は1.5%。ただし衣料品・くらしの品ポイントは対象商品でも適用外。
  • あまり使うことはないですが、LC JCBカードを提示して現金払いをすると200円につき1ポイント貰えます。クレカがポイントカード代わりになるということです。

他社のクレカやスマホ決済

PayPayでの残高払いは、利用代金の1.5%がPayPayボーナスで付与され、スマホ決済の中でキャンページを除き一番還元率が良いです。LaCuCaを提示すると0.5%還元率がアップ。

クレカですと還元率はカードによりけりですが、概ね0.5%~1.2%ほど。

例えば日本で最も流通している楽天カードですと還元率は1%。さらにプリペイドカードの「KYASH」は還元率1%。そして楽天カードを紐付けた「KYASH」で支払うと合計還元率は、2%になります。

さらにLaCuCaカードを会計時に提示すると0.5%の還元となるので合計還元率は2.5%になります。

どの支払い方法が良いのか?

毎月7のつく日のポイント倍付キャンペーン以外は、クレカにKYASHを組み合わせた方法が最も還元率が良いです。

7のつく日に関しては、LC JCBカードが還元率3.5%となり最高。

これはライフスタイル次第ですが、徹底して還元率を求めるなら日にちによって上の支払い方法を使い分けるのが良いでしょう。

生活用品の主要な調達先がライフである方は、LC JCBカードでの利用が集中的にライフのポイントが貯まるのでベストかと思います。更には7のつく日にまとめ買いをすることで、効果的にポイントを加算することが可能となります。

キャッシュレス決済関連

【2020年2月】 QR・バーコードなどスマホ決済の還元率比較 楽天edy・id・QUICPay・nanacoなど電子マネーの比較 メリットやデメリット 交通系ICカードのメリットやデメリット