デイリーヤマザキでの還元率の高いお得な支払い方法 

三大コンビニの影に隠れてあまり目立たないコンビニエンスストアですが、大手製パン企業が展開するフランチャイズならではの独自サービスが売り。

全ての店舗ではないですが、店内で焼きたてのパンを直売する「デイリーホット」などは、実際に食べても美味しく魅力的なカラーの確率に取り組んでいます。

消費税が10%に増税され、小売店は益々厳しい戦いを迫られていますが、デイリーヤマザキでもキャッシュレス・ポイント還元事業に参加。

どの店舗でも2%の還元が受けられますが、注意事項がひとつ。

それは還元できるキャッシュレス決済の方法が 楽天Edyのみということです。

他のコンビニと比べ、選択肢がないのが残念なところ。

楽天Edyでの支払いにより、買い物をした日の約30日後にギフトポイントとして還元されるとのことです。

ツイッターでは「お金が返ってこない!」という声もちらほら聞こえるので、ご確認ください。

ちなみにギフトポイントとは電子マネー楽天Edyのこと。買い物から30日後に受取可能で120日後までに受け取らないと失効してしまいます。

受け取りはファミポート等の受け取り機械や、楽天Edyアプリなどから。こちらを参考にしてください。

決済方法の一覧

クレジットカードVISA|MasterCard|JCB|AMERICAN EXPRESS|DinersClub
デビットカード使用可
電子マネー|楽天Edy|iD|QUICPay
交通系ICカードSuica|Kitaca|TOIKA|ICOKA|SUGOKA|PASMO|nimoca|manaca|PiTaPa|はやかけん
QR・バーコード決済など一切なし

お得な支払い方法ランキング

11月1日更新

他のコンビニと比較して支払い方法のラインナップが乏しいのが欠点。楽天ポイントを導入しているのにも関わらず楽天ペイで決済できないのは導入コストの問題でしょうか。将来的にあらゆる支払い方法に対応できると良いのですが。

少ないですが以下にデイリーヤマザキで、お得な支払い方法を還元率の高い順位ランキング付けしましたので宜しければご覧ください。

  • 表の各行をタップ、クリックすると詳細な情報が展開されます。
  • 表中の還元事業は「キャッシュレス・ポイント還元事業」によるキャッシュバックの略です。
順位組み合わせ還元率備考
1JCBカード、アップルペイもしくはグーグルペイ、クイックペイ(20%) + 楽天ポイントカード提示(1%)21% 期間限定の大型キャンペーン
2みずほWallet(20%) + 楽天ポイントカード提示(1%)21%期間限定(2019/12/15まで)でみずほウォレットがキャンペーンを実施。
みずほ銀行口座開設とアプリダウンロード、キャンペーンエントリーが必要。スマートデビットでの決済が対象です。
QUICPay+加盟店で利用可能で購入代金の20%がOFF。
50000円が上限で最大10000万円が2020年3月末にキャッシュバックされます。
iPhone7以上、Androidのおサイフケータイ機能を備えた端末をお持ちの方限定。
3楽天edy(0.5%) + 楽天edyにオートチャージ、更にポイント3倍キャンペーン(1.5%)  + 楽天ポイントカード提示(1%) + 還元事業(2%)5%下で説明します。
4クレカ(0.5~1.2%) + KYASH(1%) + 楽天ポイントカード提示(1%)2.5~3.2%クレジットカード(例:セゾンカード0.5%還元、楽天カード1%還元、リクルートカード1.2%還元)をkYASHに登録して支払った場合
5Suica(ビューカード系クレカでチャージ 1.5%) + 楽天ポイントカード提示(1%)2.5%
6QUICPayまたはid(0%) + 登録したクレカ(1%) + 楽天ポイントカード提示(1%)2%

QUICPayでの支払い

デイリーヤマザキでの支払いは、QUICPayに対応しているので期間限定(いずれも12月15日の日曜日まで)の大型キャンペーンが活用できます。 買い物代金の20%がキャッシュバックされるスペシャルな企画。

QUICPay
みずほWallet

それぞれandroidはおサイフケータイ、iphone7以降の端末をお持ちでないと利用できないのでユーザを選んでしまいますが、条件に合致すれば是非利用しましょう。

楽天Edyでの支払い

通常時に還元率重視で決済方法を選ぶとしたら「楽天Edy」一択となります。 ・楽天Edyで決済した場合には、どこでも200円(税抜)ごとに1ポイント(楽天スーパーポイント)付与。 ・デイリーヤマザキは楽天ポイント加盟店なので、100円(税抜)ごとに1ポイント(楽天スーパーポイント)が付与。 ・キャッシュレス・ポイント還元事業に参加していますが、楽天Edyのみが対象なのでお買い物合計金額の2%(税込み)が付与。

これらをふまえて楽天Edyの還元率を見てみますと、

楽天ポイントカードを提示(1%還元) + 楽天Edyで支払い(0.5%還元) + キャッシュレス・ポイント還元事業による還元(2%) = 計3.5%

このように悪くはないです。



楽天Edyは、ポイントカードが付帯した「Edy-楽天ポイントカード」、オプションで選べる楽天Edy機能が追加された楽天カード、おサイフケータイ機能が使えるandroid、iphoneには別途おサイフケータイジャケット装着するなどして利用することになります。

チャージ方法も現金、クレジットカードからのチャージ、オートチャージ、楽天Edyアプリなど多様。

チャージには楽天カードでのオートチャージがベスト 

電子マネーへのチャージ方法は上げたとおりですが、還元率が最も高いのは楽天カードでのオートチャージになります。

通常楽天カードからのオートチャージは、200円ごとに1ポイント(楽天スーパーポイント)が付与されます。楽天カードでクレカ払いや他の電子マネーにチャージした場合は1%還元なので半分になってしまいます。 リクルートカードですと1.2%と高還元なので使う人も多いようです。

しかし期間限定のキャンペーンにエントリーすれば付与されるポイントが3倍の200毎に3ポイントとなります。 ですので合計還元率は5%。

欠点は常にキャンペーンが開催されていないということ

2019年10月では18日から始まり27日に終了してしまっています。ただ結構な頻度でキャンペーンを実施しているので、見つけたらまとめてチャージするのも良いかもしれません。

もう一つは3ポイントのうちの2ポイントは期間限定ポイントということ。使いみちが限られるポイントですが、楽天ペイにも充当できるので他の店舗の買い物で使ったり出来ます。