名古屋市で大雨 港区、中川区などで道路が冠水 9月4日

9月4日の午前、愛知県では大雨が降った影響で道路が冠水するなどの報告が相次いでいます。

東海地方では暖かく湿った空気が上空に流れ込んでいる影響で、大気が不安定となり雷雲が発達。

名古屋地方気象台によりますと、名古屋市では11:20までの1時間で約60ミリ、愛知県蟹江町では約48ミリもの大雨が降ったということです。

13:00現在の東海地方では、雨雲レーダー見ると小雨になっていますが、4日の夜にかけて大気が不安定な状況が続く見込み。大雨に備え自治体や気象台は水害や土砂災害への注意を呼びかけています。

Twitterには名古屋市内の各所で道路が冠水している様子を収めた画像や動画が多数投稿されています。

道路冠水の影響で市内では渋滞が発生してる箇所もあるということです。

港区の様子

中川区の様子

南区の様子

熱田区の様子

その他、ツイッター上の情報