阿武隈川のライブカメラ

福島県西白河郡西郷村にそびえる甲子旭岳を源流とし福島県、宮城県を流れ太平洋に注ぐ阿武隈川のライブカメラです。福島県と宮城県に複数のサイトがあるので分けて記載しています。

福島県

須賀川市浜尾から伊達市梁川町までの阿武隈川や支流の松川、荒川の水位、周辺状況を監視する大量のライブカメラが福島河川管理事務所により提供されています。15個のブロックに分割されていて任意のブロックを選択するとカメラアイコンが表示されます。更新は1時間毎です。
阿武隈川水系の摺上川と上流ダムは10分おきに更新されます。

阿武隈川本流の設置されている自治体と台数

  • 須賀川市×8
  • 郡山市×20
  • 本宮市×4
  • 二本松市×1
  • 福島市×14
  • 伊達市×12
  • 伊達郡桑折町×2

支流の荒川

  • 福島市土湯温泉町×4 荒川支流の塩川×2
  • 福島市他の地点×10

支流の須川

  • 福島市×2

支流の松川

  • 福島市×6
  • 米沢市×2

福島河川管理事務所へ

島県田村郡三春町の大滝根川に建設された三春ダムに5台のカメラが設置されています。リアルタイム情報の下に大きな画像をクリックしたあと、上部メニューのCCTV画像を選択するとカメラページに遷移します。

三春ダム管理所へ

飯坂町茂庭を源流域とし宮城県七ヶ宿町、福島市を流れる摺上川に建設されたダムに8台のカメラが設置されています。画像は10分毎に更新されます。

摺上川ダム管理所へ

宮城県

宮城県白石市を流れる阿武隈川水系の白石川と上流の七ヶ宿ダムのライブカメラがダム管理事務所により合わせて11台提供されています。更新間隔は30分。

七ヶ宿ダム管理事務所へ

阿武隈川の中流部に位置する宮城県丸森町内に阿武隈川を監視するカメラが5台設置。また町内の道路状況を配信するライブカメラ画像が複数設置されています。

丸森町のHPへ

丸森町、角田市、亘理町、岩沼市を流れる阿武隈川下流域のライブカメラが河川事務所から提供されています。2017年10月現在、数多くのカメラが調整中とされ使い物になっていない状態です。

仙台河川国道事務所へ

阿武隈川に関連した情報

福島県の天気→ YAHOO!天気
宮城県の天気→ YAHOO!天気
雨雲の状況→ YAHOO!天気 雨雲ズームレーダー
河川の水位・雨量→ 国土交通省・川の防災情報
発表されている警戒情報→ YAHOO!天気 河川水位
Twitter検索→ 「阿武隈川」を含む投稿を検索
Twitter画像検索→ 「阿武隈川」を含む投稿を画像検索

阿武隈川(あぶくまがわ)は、福島県および宮城県を流れる阿武隈川水系の本流で、一級河川である。水系としての流路延長239kmは、東北で北上川に次ぐ長さの川である。古くは大隈川と呼ばれていた。
 那須岳の1つ三本槍岳のすぐ北に位置する福島県西白河郡西郷村の甲子旭岳に源を発し東へ流れる。白河市に入り西白河郡中島村付近で北に流れを変えると、須賀川市・郡山市・福島市と福島県中通りを縦貫して北に流れる。
福島県と宮城県の境界付近では、阿武隈高地の渓谷を抜ける。この区間を並走する国道349号は、待避所のある1車線の険しい道路となっている。宮城県伊具郡丸森町で角田盆地に入り、角田市を流れて仙台平野に出る。現在は岩沼市と亘理町の境で太平洋に注ぐ。
勾配がゆるやかな川で穏やかな印象があるが、増水時にはあふれやすく洪水被害の絶えない暴れ川でもある。1986年には台風による増水で大規模な洪水が起こっているほか、2011年には津波の逆流により大規模な海嘯が発生している。

引用元:wikipedia