鶴見川水系のライブカメラ

10/12 台風19号の影響で鶴見川が増水 現地の状況

ライブカメラ

鶴見川が5地点、支流の矢上川、早渕川、鳥山川に1台づつライブカメラが設置されています。10分間隔で更新され平常時の様子と比べることが出来ます。

  • 鶴見川・川崎市幸区小倉の末吉橋付近
  • 鶴見川・横浜市港北区綱島東付近
  • 鶴見川・横浜市港北区新横浜の鳥山川との合流地点
  • 鶴見川・横浜市港北区新羽町の亀甲橋付近
  • 鶴見川・横浜市港北区小机町付近
  • 矢上川・川崎市幸区南加瀬付近
  • 早渕川・横浜市港北区新吉田東付近
  • 鳥山川・横浜市港北区烏山町付近

京浜河川国道事務所のサイトへ

鶴見川水系の支流・早渕川(都筑区勝田町・勝田橋)、奈良川(青葉区奈良町・住吉橋)、鳥山川(神奈川区三枚町・宮原橋)、梅田川(緑区三保町・神明橋)、砂田川(港北区鳥山町)、岩川(緑区いぶき野・住撰橋)のライブカメラで横浜市道路局河川管理課が管理しています。2分おきに画像が更新され、一週間前までの画像が参照できるようになっています。

横浜市のサイトへ

神奈川県が提供する河川情報サイトです。本流と支流が掲載されている地点をページごとに記載します。金沢区を流れる二級河川の侍従川の様子もわかります。

  • 鶴見川・横浜市緑区中山町の落合橋付近
  • 鶴見川・川崎市麻生区早野の寺家橋付近
  • 早渕川・横浜市都筑区中川の鍛冶橋付近
  • 早渕川・横浜市港北区新吉田町の高田橋付近
  • 恩田川・横浜市青葉区恩田町の浅山橋付近
  • 大熊川・横浜市港北区新羽町付近

神奈川県のサイト

  • 鶴見川・川崎市麻生区岡上付近
  • 矢上川・川崎市中原区木月付近
  • 矢上川・川崎市高津区子母口の西ヶ崎橋付近
  • 麻生川・川崎市麻生区上麻生付近

上記の神奈川県のサイトですが別のページ

有馬川と麻生川 川崎市のサイトへ

鶴見川水系に関連した情報

神奈川県の天気→ YAHOO!天気
雨雲の状況→ YAHOO!天気 雨雲ズームレーダー
河川の水位・雨量→ 国土交通省・川の防災情報
発表されている警戒情報→ YAHOO!天気 河川水位
Twitter検索→ 「早渕川」を含む投稿を検索
Twitter検索→ 「矢上川」を含む投稿を検索
Twitter検索→ 「恩田川」を含む投稿を検索
Twitter検索→ 「境川」を含む投稿を検索

鶴見川(つるみがわ)は、東京都および神奈川県を流れる川。鶴見川水系の幹川で、一級河川に指定されている。東京都町田市上小山田町の泉を源流とし、神奈川県横浜市鶴見区の河口から東京湾に注ぐ。全長42.5km、流域面積235km2、支川数は10。

鶴見川の源流は、東京都町田市の北部、多摩市との境に近い上小山田町にある多摩丘陵の谷戸群(低湿地)の一角、田中谷戸(標高約100~150m)の湧水を水源とする数本の細流である。源流域下端には「鶴見川源流泉のひろば」が整備されている。源流を発した鶴見川は、町田市鶴川で真光寺川と、神奈川県川崎市麻生区で麻生川と合流し、横浜市青葉区を縦断する。東名高速道路の下を抜けて、横浜市緑区と都筑区の境界に沿い、下末吉台地に挟まれた沖積低地の入り口付近である緑区中山町で恩田川と合流する。この辺りまで、鶴見川は谷本川(やもとがわ)とも呼ばれ、源流からおおむね南東に流れる。恩田川と合流した鶴見川は、利水の基準地点とされる落合橋付近から東流し、港北区新横浜付近で鳥山川と合流すると蛇行して北へ向かう。再び蛇行して東流すると、港北区綱島付近で早渕川と合流し、鶴見区駒岡付近で矢上川と合流する。鷹野大橋付近から左岸に川崎市幸区と接しながら、南東へ緩やかに蛇行し始め、治水の基準地点とされる末吉橋付近から鶴見区を貫き、同区末広町・大黒町の河口から東京湾に注ぐ。

引用元:wikipedia

3/9 大雨で鶴見川が増水

2016年8月21日 鶴見川水系で増水