阿武隈川が氾濫し福島県伊達市、郡山市などで浸水などの被害 10月13日

10月12日、非常に勢力の強い台風19号は伊豆半島に上陸後、関東地方を縦断し東北地方に到達。福島県上空の発達した雨雲が猛烈な雨を降らし続け各地で大きな被害が出ています。

大量の雨が降り注いだ結果、福島県を流れる阿武隈川の水位が上昇しついには氾濫。流域に大きな水害が出ています。

以下では福島県各地での水害状況を記載します。

郡山市の被害状況

石渕町で氾濫

13日の午前1時過ぎ頃、郡山駅東口方面に位置する石渕町で氾濫が発生。町内では床上浸水などの被害が出ています。

逢瀬川が氾濫

郡山駅北側を横断し阿武隈川に注ぐ逢瀬川でも氾濫が発生し、流域に浸水などの大きな被害が出ています。

13日の0時過ぎくらいから冠水などの被害情報があげられていました。

Twitterでは富久山町久保田や若葉町での被害報告が多数書き込まれています。

小原田2丁目付近で決壊の恐れ

郡山市小原田では未明から冠水などの被害が出ていますが調査の結果、堤防の漏水が発見されました。

今後、堤防が決壊する恐れがあるとして住民の避難を呼びかけています。

<

本宮市中心部で浸水

本宮駅東口側にある本宮市中篠でも氾濫が発生。

被害の程度は甚大で、建物1階の天井付近にまで達する浸水が起きています。10:00時点でも水が引いない地域があり救助活動が続けられています。

鏡石町の阿武隈川が決壊

福島県鏡石町では13日未明に成田地区に面する阿武隈川が氾濫。周辺に大水害が発生しています。自治体は堤防の決壊と発表しましたが、メディアでは氾濫と報道しています。

Twitterには成田地区の他にも複数箇所で決壊、もしくは氾濫が生じたとの情報があります。

伊達市の被害状況

福島県伊達市では、13日の6:30頃に梁川町五十沢で氾濫。市街地などに河川水が流れ込み床上浸水などの被害が出ています。

伊達市では警戒レベル5にあたる氾濫発生情報が発表され地域住民に警戒を呼びかけています。また10時点でも建物に取り残された方たちの救出活動が続けられています。

Twitter上では梁川町が水没している様子を収めた画像がいくつも投稿されています。

また阿武隈川の支流である広瀬川、広瀬川に流れ込む塩野川でも氾濫が起きたとのTwitter情報があります。

須賀川市の被害状況

須賀川市江持でも本日未明に氾濫発生。また浜尾でも氾濫したとのツイートがあります。

須賀川駅南側を流れる釈迦堂川でも増水して流域に浸水被害が出ています。